WiseOffice 2 HOME > 機能 >意向把握・情報提供(比較推奨を含む)支援ツール 「お客様意向確認ナビ」オプションサービス」

意向把握・情報提供(比較推奨を含む)支援ツール 「お客様意向確認ナビ」オプションサービス」

お客様意向確認ナビとは

  • 改正保険業法にて導入された「意向把握義務」と「情報提供義務(比較推奨販売含む)」を果たした募集人の新規募集業務をサポートするシステム※1です。※1 WiseOffice®2のオプションサービスです。
  • 募集人が「保険募集管理マニュアルに即した保険募集プロセス」に基づいた適切な募集をしているかを確認するなど、募集人ごとの募集状況を管理できるシステムです。
  • パソコン以外にタブレット端末でもご利用いただけるシステム※2です。※2 現在は試用版のため、ご利用にあたってはOS等の確認をお願い致します。

システム概要

1.新規募集プロセスをシステムでルール化します。

  • 申込までの募集プロセスは、区分けされ整理されています。
  • 区分けされたプロセスは、プロセスの順番をシステム制御しています。このことにより、システムに沿った募集業務を行うことで、募集人の判断に依存せずにプロセスを漏れなく行うことができ、募集人が業務を怠ることを防ぎます。
お客様意向確認ナビとは

2.意向把握に応じた推奨保険商品を選択でき、エビデンス(記録)として自動的に管理されます。

  • 意向把握項目を自由に設定できます。
  • 代理店の推奨方針に合わせて、推奨保険商品を設定できます。
  • 意向把握項目と推奨保険商品は紐づけられ、お客様の意向にあった保険商品を簡単に抽出することができます。
  • 画面上でチェックした意向把握項目、抽出された推奨保険商品は、その都度システムにエビデンス(記録)として自動登録されます。

意向項目をチェック <意向記録画面>
意向項目をチェック
<意向記録画面>
↓
<商品絞込み画面>
<商品絞込み画面>

3.当初意向と最終確定意向を比較表示します。

  • お客様の意向が変化した場合、進んだプロセスから何度も前のプロセスに戻ることができ、変化した内容を追加、削除することができます。
  • 変化した内容は、履歴として自動登録されます。
  • 申込前のすべてのプロセスの内容確認をしていただける最終確認画面にて、最初に把握した当初意向と申込前の最終的に確定した意向を比較表示します。
  • 意向の変化の記録時に変化の理由も入力してあれば、最終確認画面で表示することができます。
<最終確認画面>
<最終確認画面>

4.プロセスの承認機能を設定できます。

  • 商品決定画面、最終確認画面にて、承認機能を設けることができます。
  • プロセスの中に、募集人が新規募集プロセスについて承認依頼し、管理責任者が「承諾」、「差し戻し」といったプロセスを加えることができ、より適正な募集管理が可能になります。
<最終確認 承認依頼画面>
<最終確認 承認依頼画面>

5.申込までのプロセスについてのお客様への確認書類を出力することができます。

  • 最終確認画面にて、お客様に申込までのプロセスについてご確認、ご了承いただいた旨のご署名をいただく書類を出力することができます。
<ご提案内容確認書>
<ご提案内容確認書>

6.ファイル保存ができます。

  • 設計書や募集の際にお客様からいただいた書類などスキャンしたPDF、WordやExcelなどデータをアップロードして、新規募集案件に紐づけて保存することができます。
<ご相談添付ファイル画面>
<ご相談添付ファイル画面>

7.営業進捗管理ができます。

  • すべての新規募集案件は、案件ごとに管理されているので、営業進捗管理ができます。
  • 様々な条件で案件を抽出し、一覧で確認することができます。会社全体、拠点ごと、募集人ごと、プロセスごとなど会社としての申込に至るまでの営業進捗管理ができます。
<ご相談一覧画面>
<ご相談一覧画面>

8.お客様意向確認ナビに残されたエビデンス(記録)は、 WiseOffice®2に自動連携します。

  • WiseOffice®2にある案件履歴情報(業務履歴)に苦情対応や解約処理といた他の業務と合わせて、新規募集業務として自動登録されます。
  • WiseOffice®2の案件履歴情報に新規募集業務が管理されることで、契約情報・顧客情報と紐づけて管理ができ、体制整備における検証に活用できます。
「お客様意向確認ナビ」
「お客様意向確認ナビ」の記録がWiseOffice®2の案件履歴情報へ


会社案内
株式会社カブトはWiseOffice 2の唯一の販売会社です。
近影
WiseOffice 2を推薦します

吉田 桂公

吉田 桂公
弁護士(のぞみ総合法律事務所
元 金融庁 金融証券検査官
元 金融庁 専門検査官

保険代理店の態勢整備は、保険代理店のあらゆる現状の分析をしてPDCAサイクルを回し、常に改善していくものであることからも、顧客情報管理、顧客サポート等管理(苦情対応等)、保険募集管理等をシステムで行っていくことは、今後避けて通れないものと考えます。

どのようなシステムを利用していくのかという選択は、金融事業者として慎重に行っていく必要があります。まず第1にセキュリティ。業界水準としてのセキュリティを担保しているのかどうか。特にクラウド型の場合は、保険会社から認められているものかどうか。第2に機能面。保険代理店業務をより効率的に機能的にしていくための機能を継続的に構築して行くことができるものであるか。そして、最後に提供企業の体力。本来、顧客情報を保管するシステムは日々バージョンアップを繰り返し、進化していくべきものですが、提供会社の業績不振等で簡単にサービスの停止、中止があっては困ります。また、万が一の場合の賠償力も加味しなければなりません。全体を鑑みた場合、このWiseOffice 2は、NTTデータが開発・運営をしているという点からも保険代理店の態勢整備を構築する上で、有効なツールであると思います。